Pick Up!
藤井聡太の本をまとめて紹介
スポンサーリンク

ふとアマゾンで本をフラフラ〜と見てたら。。。

藤井聡太二冠の本、新発売でいろいろ予約販売になってました。

 

どんな本が新発売されてるのか、検索したら、あるはずのものが出てこない。

? と思ったら。。。

 

藤井聡太、藤井棋聖、と、題名が違ってるので、検索で出てきにくかった。

ということで、まとめを作ってみました。

 

アマゾンで中身が見れるともっといいのになー。

Number 藤井聡太と将棋の天才 (雑誌)

ナンバー。雑誌です。

いつもならスポーツ特集、のナンバーが、将棋の特集ですって。

 

超人気、売り切れで、3度目の増刷となりました。

Kindle版なら、すぐ見れます。

 

スポンサーリンク

藤井棋聖誕生(サンケイスポーツ特別版)

出版予定日は8月26日。

駅売店・コンビニでも発売されるそうです。

 

将棋の高校生プロ、藤井聡太棋聖は7月16日、ヒューリック杯棋聖戦(産経新聞社主催)の第4局に勝ち、史上最少年の17歳11カ月で初のタイトルを獲得しました。
棋聖戦全局を棋譜、解説付きで詳報し、インタビューも完全収録しました。
藤井棋聖の18年の歩みを写真と記事で振り返り、2冠を獲得した王位戦も速報します。サイン入りとじ込みポスター付き。

アマゾンの詳細から

 

高校生二冠 藤井聡太

将棋世界から

出版予定日は9月2日。

下で紹介する、【写真で追う藤井聡太】と同時発売。

弱冠18歳、史上最年少二冠に輝いた最強高校生・藤井聡太二冠のメモリアルムック。

最年少タイトル獲得となった第91期ヒューリック杯棋聖戦、そして瞬く間に二冠に駆け上がった第61期王位戦は予選から番勝負まで完全収録。タイトル獲得までを詳細にたどり、魅力ある藤井将棋をご堪能いただけます。
特に棋聖戦第3局、第4局は藤井聡太二冠本人による自戦解説。その手を決断するに至った経緯、局面の形成判断、そのときの心情まで、生の声を収録しました。
ほかに藤井二冠が達成した数々の記録を紹介するほか、これまで将棋世界で掲載してきた藤井棋聖に関する名シーンを収録。四段昇段から最年少タイトル挑戦に至るまでを、厳選した記事で振り返ることができます。
今回の名勝負を堪能したい方、これまでの藤井聡太の活躍を改めて追いたい方など、将棋ファンにも藤井聡太ファンにも満足いただける一冊です。

アマゾン 商品説明から
※「藤井聡太データ大分析」は、同時発売の『写真で追う藤井聡太 最年少二冠までの軌跡』と内容の重複があります。 
と注意書きされてるので注意。

写真で追う 藤井聡太

これも将棋世界から
出版予定日は9月2日。

王位戦、ヒューリック杯棋聖戦含むオールカラー

・第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負
・第61期王位戦七番勝負
・デビューから4年間のあゆみ
・エッセイ「29連勝がもたらしたもの」(野澤亘伸)
・エッセイ「東海で受け継がれる意志 師匠・杉本昌隆と弟子・藤井聡太」(野澤亘伸)
・「データで見る藤井聡太の記録」「公式戦全成績」「年譜」※同時発売の『高校生二冠 藤井聡太』(日本将棋連盟)と同様の記事です

アマゾンの詳細から

弟子・藤井聡太の学び方

新発売ではないけれど、評判の良い本です。
kindle版と、文庫版も出ました。

師匠から見た弟子・藤井聡太の「学び方」とは!!将棋盤を抱きかかえて号泣していた子どもは、中学生でプロ棋士になった。「将棋に関しては、師匠に自由に反論していい」と言う著者は、いかにして弟子・藤井聡太を導いたのか
内容例を挙げると◎七割以上を目指すには、自分で考えなければならない◎悔しさが才能を伸ばすエネルギーになる◎対局の機会の少なさが集中力を鍛える◎コンピュータが選ばない勝負手を指す◎学ぶ側には信念、指導者には柔軟性等々
「思考力」「集中力」「忍耐力」「想像力」「自立心」「平常心」……将棋に強くなるために要するこれらはすべて、私たちが人生をより豊かに生きていくうえで必要な学びである
本書では、藤井聡太という才能、兄弟弟子との交流、師弟関係の源流ともいえる、著者・杉本昌隆の師匠・板谷進との師弟関係から、「真に学ぶこと」とは何かを明らかにする。「2018年新年の師弟杉本昌隆+藤井聡太」を収録!

アマゾンの詳細から

藤井聡太 名人をこす少年

私の一押しはこれ。

藤井二冠の小さい時の写真がゴンタ坊主って感じで可愛すぎて。。。

本書の見どころは、棋士たちとの対比にある。それぞれの心内に秘めた意地。しかし、その意地をも凌駕する藤井四段の強さ。ごまかしの効かない世界の厳しさが、読み手の心を打つ。
また「子どもには好きなように。親は見守るだけ」という家族の方針から、才能の伸ばし方も読み取れる。秘蔵カラー写真を含めた藤井聡太四段の魅力を詰め込んだ1冊!
強い強いと誰もが言うが、果たして藤井聡太はどう強いのか?そしてなぜ強いのか?その理由に迫るのが本書です。 盤を抱きしめて泣いた負けず嫌いの小学生時代。
「子どもにはやりたいように。親は見守る」という家族の教育方針。クリスマスイブの62歳差のデビュー戦。
そして29連勝、初黒星。ドラマチック、かつ爽やかな藤井聡太四段の魅力を、秘蔵の写真と共にお届けします。 読後、きっと将棋自体を好きになってる1冊です! !

アマゾンの詳細から

でもそれだけでなく、アマゾンで、中身が少し見れるんですね、その中に

藤井二冠が、小学生4年生の文集に寄せた文章がありました。

その中からピックアップして紹介します。

好きなこと  将棋・読書

これはわかるっ。ただその中。

最近読んで面白かった本ベスト3のレベルが小学4年生とは思えないです。

 

最近関心があること

電王戦の結果、尖閣しょ島の問題、南海トラフ地しん、名人戦の結果、げん発について

 

これも4年生とは思えない。ニュース見ない大人も多いのに、4年生でも政治に興味があったのね。

地しん、げん発、と漢字でないところだけは4年生ぽい。笑

 

kindle版あります。Kindle Unlimitedの方は無料で読めますよ。

 

ゲームソフト【藤井聡太の将棋トレーニング】

藤井聡太七段が監修したゲームソフトが出ています。

その名も【棋士・藤井聡太の将棋トレーニング】

 

記者発表会もありました。

Nintendo Switch用

 

発売日は、2020年3月5日。

早期予約特典は、藤井聡太棋士の揮毫(サイン)印刷パッケージ同梱、でした。

 

詳しくは↓のリンクから、どうぞ。

藤井聡太の【棋士・藤井聡太の将棋トレーニング】

スポンサーリンク
オススメ記事