Pick Up!
広瀬八段勝利で竜王戦決着は第7局へ vs羽生竜王12月13日
スポンサーリンク

第31期 竜王戦 第6局 2日目

羽生竜王vs広瀬八段

 

81手で、羽生竜王が投了、広瀬八段が勝ちました。

 

消費時間

広瀬八段が4時間20分

羽生竜王5時間56分

で、1時間30分と、結構差があるなーとは

思っていましたが、まさかここで終了するとは!

 

投了した時間が、12時07分!

 

タイトル戦の時は、いつもすごく美味しそうな食事が

紹介されますが、その前に終わってしまった。

 

たくさんのファン前で大盤解説も長かったです。

その後の、羽生竜王と広瀬八段の感想戦も長かったーです。

1時間以上してた、と思います。

 

その感想戦を机の前で並んで見ていた、数名。

屋敷九段はニコニコして見ていましたが、

佐々木勇気七段は手持ちぶさたなのか、モソモソ、と。。。

 

思い出すのが、羽生竜王が大きくリードして、勝つ寸前だったはず、

と誰もが思っていたのに、何故か逆転負けしてしまった第3局。

 

この時の解説が深浦九段だったんですが、

「この羽生竜王の負け方は気になりますねー」

と言ってたこと。

 

どうしたんでしょうね、羽生竜王。

タイトル戦100期、なるんでしょうか?

ここまででも充分すごい、のですが、

でも、羽生竜王を応援したいなーと思ってしまう。

 

竜王戦の決着は、第7局、

12月20日、21日だそうです。

スポンサーリンク
オススメ記事