Pick Up!
藤井聡太vs堀口の順位戦
スポンサーリンク

第78期 順位戦

C級1組 2回戦

藤井聡太vs堀口一史座

 

藤井聡太の順位戦の2つめです。

B級2組へ昇級するためには、1つも負けられない対戦!

1つめの順位戦は勝利しました藤井七段。

今回はどうか?

 

**速報**

藤井七段が勝利しました。

 

順位戦:藤井聡太vs堀口一史座

始まりました。

順位戦なので、先手・後手は初めから決まっています。

  • 先手      藤井聡太
  • 持ち時間  6時間

 

中継はAbemaTV

  • 解説   中座七段、とべななだん、黒沢五段
  • 聞き手  飯野女流、塚田女流

 

スポンサーリンク

藤井聡太と堀口一史座

藤井聡太七段のデータは先週にも書いたので(6月28日の竜王戦 vs近藤六段)、そちらを見ていただくとして↓

堀口一史座

  • 生年月日    1975年2月生まれ、 44歳
  • 棋戦優勝          1回
  • 今年度成績  0勝5敗
  • 通算成績     403勝376敗(0.517)

 

前回の順位戦の対戦相手は、阪口悟六段。

堀口七段は順位戦を黒星スタート、昼食休憩前という早い時間に、勝負が決まってしまった模様。

堀口一史座のこれまで

  1. 以前の順位戦で、堀口七段は、324分も長考したことがある、らしい
  2. プロ3年目、NHK杯で準優勝。優勝したのは羽生九段。
  3. 新人王戦準優勝。 優勝したのは藤井猛
  4. 朝日オープン選手権、優勝。対戦相手は、藤井七段の師匠、杉本師匠でした。

 

あれ? もう終わってる?

Abema TVをつけながら、さあこれからだーと思ったら、終局の音楽が流れているような。。。まさかねっ、と思って画面をよーく見たら、藤井聡太七段、勝利 の赤文字がある。

えーーーっ。

11時23分、堀口七段が投了してました。

手数はなんと、47手。

消費時間

  • 藤井聡太    1時間18分
  • 堀口一史座   4分

藤井七段は、もう1時間18分も使ってた。

堀口七段は、ここまで4分。

堀口七段は、前局も昼前に投了しているし、2013年は2戦を戦ったのみですべての公式戦を休場、と時もあったので、体調が悪いのかなって気もします。大丈夫かな。

順位戦 藤井聡太が勝利vs堀口

次の対戦相手は、金井恒太六段で、日程は少し先の8月6日。

全対局の相手と、日程はこちら↓です。

 

今週の金曜日には、久保九段との竜王戦、挑戦者決定トーナメントがありますから、今日早く終局して、良かったかも。

久保九段との対戦も楽しみです〜。

 

スポンサーリンク
オススメ記事