Pick Up!
佐々木勇気七段が昇級でB級2組へ。おめでとう!
スポンサーリンク

3月3日の順位戦、C級1組の最終戦。

佐々木勇気七段が勝ち、B級2組への昇級を決めました!

 

やったー。

良かったよぉ〜。

 

藤井七段は2月7日にひと足お先に昇級決定してましたし

C級1組の最終戦は藤井七段の対局より、勇気七段の対戦を応援してました。

 

これで藤井七段と同時昇級となり。。。

勇気七段の将棋熱ももっと盛り上がり、強い姿を見せてくれると期待してます!

 

と、これだけでは何なので、佐々木勇気七段についてちょこっと紹介。

佐々木勇気【将棋の棋士】とは

将棋連盟のデータより(2020年3月現在)

  • 生年月日  1994年8月5日(25歳 )
  • 出身地   埼玉県三郷市
  • 師匠    石田和雄九段
  • 竜王戦   竜王戦2組

 

  • 今年度成績  16勝11敗(0.5925)

 

今期の竜王戦2組の対局も、深浦九段、郷田九段に勝ちました。

あと1つ勝てば(対戦相手は松尾八段)、本戦に出場決定、竜王戦1組への昇級も決定します。

 

ガンバレー、竜王戦2組での勝利を、です。

スポンサーリンク

永瀬二冠が「佐々木勇気は元天才」と言った訳

永瀬二冠の「佐々木勇気は天才」発言、有名です。

ただ、最近の永瀬二冠は、「元天才、ですね」と言ったりしてます。

が、言われても仕方ないかなって思える。

 

だって、佐々木勇気七段の小さい時はすごかったのですもん。

それを知ってる人からすれば、もっと活躍して当然の実力の持ち主。

永瀬二冠にすれば、不甲斐ない、もったいない、と思うでしょうから。

小学生名人の佐々木勇気七段

小学生将棋名人戦【公文杯】の対戦相手があの。。。

佐々木勇気七段は、2004年4月の公文杯、小学生将棋名人戦で、優勝しています。

優勝だけでもすごいのですが。。。

 

まず、決勝の対戦相手。

あの菅井竜也八段だったんです。

 

菅井八段を破って優勝しただけでなく、驚くのが、菅井八段に勝った勇気七段のその年齢。

 

菅井八段は当時6年生。

佐々木七段は、当時4年生。

 

4年生が6年生に勝った、というのは衝撃です。

しかも、6年生の相手はあの菅井八段ですから。(なんども言うけど)

 

小さい時の2年違いって、大人の2年と違って、ものすごい違い(ハンデ)だと思う。

それを勝つってんだから、才能がないと勝てないよね。

4年生で優勝したのは史上2人目

しかも。

 

小学生名人で、4年生で優勝したのは、佐々木勇気七段でなんと、史上2人目なんです。

そりゃそうだわ。

 

で、4年生で優勝した、1人目は誰かというと。。。

渡辺三冠でした。あの渡辺明三冠。

 

もうね、この記録だけ見ても、佐々木勇気七段が、C級1組でウロウロしてるのが信じられないっ。

でしょ?

 

そりゃ、永瀬二冠が「天才→元天才」に変更したのもわかるよ

この年に参加した小学生にはタイトル奪取棋士も

この年の、公文杯。

参加していた代表選手の名前を見ると、知ってる名前(現役の棋士)が。

 

関東代表では、

三枚堂竜也

永瀬拓矢

 

関西代表では、

斎藤慎太郎

菅井竜也

佐々木大地

 

この中で、永瀬、斎藤、菅井は、タイトル取ってます。

なんで小学生名人とった勇気七段が、タイトル取ってないんだって話ですよっ。

 

既にタイトルの1つや2つ取っててもおかしくない。(実際渡辺三冠はタイトル取ってるし)

なのに、タイトル戦に出たこともないなんて、信じられないぐらい。

石田和雄師匠が佐々木勇気七段の昇級に喜ぶ

yahooニュースで、松本さんという将棋ライターが書かれた、とってもいい記事を見つけたので紹介しますね。

 

石田師匠は、ずっとタブレットで勇気七段の対戦を見ていたそうです

もう時間えらい使ってるから、自分で負けちゃうんじゃないかな、と思ってたんだよ! 本当に・・・。勇気が時間使って、どんどんわるくなってたみたいじゃない

yahooニュース   松本博文

 

本当に負けるかもしれないと思ったよ、もう・・・!

ああ・・・よかったよ。本当によかった。
勇気もここで上がらないと腐っちゃうよ。
これでB2に行くのと、C1にいるのでは、えらい違いだ。

今度また(B2で)藤井君とやれるかもしれないじゃない。やりたがってんだよ、本人が。

みんなね、少年時代にやってたライバルたち(永瀬拓矢二冠、菅井竜也八段、斎藤慎太郎八段など)がB1とかA級とか行って、タイトルまで取っちゃってるわけですからね。

でも、これで本人もだいぶん気分が晴れたんじゃあないでしょうか

yahooニュース   松本博文

 

ほんと、私もまったくその通りだと思う。

将棋人生かけての、勝負・昇級戦だったと。

 

今回、昇級できて本当に良かった。

強い相手とやれば、もっともっとやる気もでてくるでしょう佐々木七段。

 

しかも今回、藤井聡太七段と同時昇級ですから、ライバル心がメキメキと燃えること間違いないしね。

 

斎藤八段・菅井八段のように、タイトルを獲って下さい。

そして、追いつき、追い越せ、永瀬二冠に。

 

藤井七段も佐々木勇気七段も応援してるので、2人で来期はB1昇級して、そして早くA級になって、活躍してくれる事を信じて応援してます。

渡辺三冠に「賞味期限切れ」と言わしめた本

勇気七段が出す、出す、と言ってる本ですが。。。

渡辺三冠がニコニコしながら、「いや、もうあれ、賞味期限切れでしょ」って言ってました。

本の内容が、横歩どりの本だったから。

 

佐々木勇気七段は「出ます。いや、まだ、いつ、とは言えないですけど、絶対出ます。それだけは本当ですから」と言ってますが。

そういいつつこのまま、幻のようにたち消えていくのでしょうか?笑

 

なので、師匠の本↓を紹介。2018年新刊で藤井vs佐々木の対局についても書いてある。

 

スポンサーリンク
オススメ記事