Pick Up!
藤井vs久保の竜王戦、32期
スポンサーリンク

第32期 竜王戦 決勝トーナメント

藤井聡太vs久保利明

 

藤井七段の対戦ではないのですが。。。3、4日の木村九段の王位戦は残念でした。1日目で、すでに修復不可能な感じ、と言われていたので、4日は奇跡を願うばかりでした。

今日の藤井聡太七段には、その分(藤井七段には全く関係ないけどね)も頑張ってもらいたいです。

藤井七段の強く勝つ姿が見たい!  久保九段には、0勝1敗なので、リベンジして欲しい!

と、いうわけで、応援します〜。

 

藤井聡太vs久保利明の竜王戦 決勝トーナメント

  • 持ち時間 5時間

持ち時間が長いのは得意の藤井七段。期待高まります。

 

中継(リアルタイム)はAbema TV

  • 解説者:中田功八段
  • 解説者:豊川孝弘七段
  • 解説者:金井恒太六段
  • 聞き手:安食総子女流初段
  • 聞き手:北村桂香女流初段

中田八段と、豊川七段は、仲良しですねー。たまに、豊川七段が、「中田和尚」って呼んでる。和尚の名前の由来は、髪型なの?

 

中継(リアルタイム)は、将棋プレミアムでもやってるようです。解説は、前半が黒沢怜生五段、後半が石田五段。

大盤解説は関西将棋会館で

18時から、大盤解説があります。

  • 解説  井上九段
  • 聞き手 竹富女流

お近くの方はどうぞ。料金 1,500円。

スポンサーリンク

棋士 藤井聡太

  • 2002年生まれ 16歳  ←もうすぐ17歳です。(7月生まれだから)
  • 愛知県出身
  • 棋戦優勝   3回
  • 今年度成績  13勝2敗(0.867)
  • 通算成績   129勝22敗(0.854)

高見泰地叡王(対局時)、菅井七段、そして直近は近藤誠也六段に、勝ってきた藤井七段。

ここからは、ひときわ厳しい相手が続きます。

 

過去の対戦の詳しくは↓で

竜王戦 vs近藤誠也、前回の対戦

快勝でした。

竜王戦 vs菅井竜也、前々回の対戦

いい戦いでしたよー。なんといっても、千日手! 藤井七段の執念を感じました。

スポンサーリンク

棋士 久保利明

  • 1975年生まれ 43歳
  • 兵庫県出身
  • タイトル戦  棋王3期、王将4期
  •  今年度成績  4勝3敗(0.571)
  • 通算成績      745勝465敗(0.616)

 

タイトル戦に出た回数が、14回。そのうち、獲得が7回。5割の確率でタイトル獲得です。(木村九段は7回登場でゼロ。違いは、その気力か、運か、どっちもかしら?)

久保九段の対戦相手がすごかった

竜王戦1組で、永瀬七段に負けた久保九段は、その後に出場者決定戦に回って、勝ち上がってきました。

その出場者決定戦の相手がすごい。

  • 深浦九段
  • 阿部七段
  • 佐藤会長

さすが、竜王戦1組。

スポンサーリンク

藤井聡太vs久保利明の竜王戦 開始

藤井七段の入室は今日も早かった。

すごい気合が入ってるような雰囲気の藤井七段。たまーに、眠そうに見える時もあるんだけど。今日は、いつもより、集中してる、気合が入ってるように見えます

藤井vs久保 これまでの対戦成績

相性というのが、絶対にあるようなので、対戦成績は重視してます。

今まで、1度だけ対局があって、その時は藤井七段が負けました。( 今年3月の棋聖戦)

なので、 藤井七段vs久保九段は、藤井七段の0勝1敗

久保九段に負けた時の戦法は、四間飛車、でした。

 

振り駒、また後手

またまた、藤井七段の後手、久保九段の先手、です。

本当に振り駒は弱いですねー。前回の近藤六段との竜王戦も後手でしたし。

なんでなんだろ。

戦型は?

  • ゴキゲン中飛車

 

いつものように、お茶をひと口、の藤井七段。

3手目、久保九段が、どこに飛車を振るか、の注目の一手。ここで5分も使った久保九段。

解説の豊川八段が、「こんなに時間を使うのは珍しいですねー」って。

藤井七段は、角交換しての戦いが得意ですが、11手、久保九段が、角交換しないように歩を置いてます。

いいペースでポンポンと指してる、藤井七段。なんか気迫感じるなぁ。

スポンサーリンク

藤井vs久保 竜王戦 昼頃の対局の様子

昼休憩までで26手

消費時間

  • 藤井七段  42分
  • 久保九段  44分

昼まででも、藤井七段が多く使ってることが多い持ち時間ですが、今日はいいペースで指してます。

昼メニュー

  • 藤井七段  カレーうどん定食
  • 久保九段  牛肉てりやきのサービスランチ

 

強気?の藤井七段

なんだか、すごい、藤井七段。

久保九段が、9筋の歩を突く→ 藤井七段は、その手に乗らず、5筋の歩をつく。(久保九段の歩にぶつけて)

藤井七段の突いた5筋って、下の方(久保九段の陣地の方)には、久保九段の飛車がドーン、といるところ、ですよ! 何たって、中飛車ですから。

これって、なかなか、挑戦的、挑発的、強気? な気がするのですが、どうなんでしょう?

ここで久保九段が少し長めに考えています。(33手目)

スポンサーリンク

藤井vs久保 竜王戦 15時頃の対局の様子

上に書いた久保九段の33手目は、少し驚きの指し手。なぜなら、久保九段の、5筋にいる飛車の動きを邪魔する手だから。

藤井七段、63分長考と、飛車交換

なのでこの後の藤井七段、34手目は、なんと63分も長考、になりました。この辺り、中盤?のヤマ場なのか?

そして、飛車交換。

その後は早く進みます。

 

杉本師匠も棋士室に

関西将棋会館の騎士室が、大にぎわい。

杉本師匠に、稲葉八段、井上九段。大石六段、星野四段。古森四段、脇八段。

そういえば、解説で女流棋士がよく「関西は皆さん、仲がいいですねぇ」って、よく言われてます。よく喋るってこと?

 

どちらも強気? すぐに飛車を使う2人

さっき交換した飛車、早速使って攻撃。

  • 40手  藤井七段が、久保九段の角の頭に。そしてすぐに飛車が成る。
  • 43手  それを見て、すぐに久保九段が、藤井七段の方、1六に飛車を打ち込む。

 

どちらもすっごく強気。いいなぁ、この勝負。どちらもガンバレー。(でもやっぱりガンバレー、藤井七段 )

スポンサーリンク

藤井vs久保 17時頃の対局の様子

いい勝負で、見ていてしびれる。やっぱり強い人の将棋は面白いです。

44手目まででの時間は、

残り時間

  • 藤井聡太  2時間4分
  • 久保利明  2時間26分

 

この辺り、どちら持ちか、棋士によって見解が分かれてるのが面白いです。

稲葉八段は、先手(久保九段)持ち、杉本師匠は、後手(藤井七段)持ち。杉本師匠の思いも伝わってきて、微笑ましい。

佐々木大地五段と深浦九段師匠も解説で必死で応援していたし、師匠と弟子って、いいな。

 

久保九段、また30分超えの長考。そのまま夕食へ。

夕食前の時間差は24分

消費時間

  • 藤井七段  3時間14分
  • 久保九段  3時間38分

 

ただ、久保九段が長考中なので、もっと時間差が広がりそう?

スポンサーリンク

藤井vs久保 夕食後の対局の様子

久保九段、夕食から帰ってきても、まだ指す気配はありません。

 

ハッシュドビーフって何?とW解説

解説の豊川七段が、「すぐ指さないのは、よくない筋が見えてるのかな」って。

夕食メニューが、

  • 藤井七段  ハッシュドビーフ
  • 久保九段  親子丼セット(温かいそば)

なのですが、豊川七段と中田八段が、「ハッシュドビーフって何?」「いや、わかんない。女子が知ってるでしょ、あとで聞こう」とか色々、自由な解説が楽しいです。

久保九段の長考は、1時間14分

夕食休憩を挟んで1時間14分の大長考でした。時間差が一気に広がって、

残り時間

  • 藤井七段  1時間46分
  • 久保九段  59分

と、47分差に。藤井七段の方が時間を多く残しているっていうのも珍しい。

 

藤井vs久保 20時頃の対局の様子

攻め合い、続いてます。

どちらも強気で見ていて本当に面白い勝負。まだどちらがいい、とはいえないの?

がんばれー、藤井七段。

藤井七段の歩ぎれが苦しい

久保九段は、4つも歩があるのに、藤井七段は1つしかない歩を使って、歩ぎれ。なんだか、藤井七段が有利だったけど、久保九段が追いついてきてるのか?

残り時間も、50分近く藤井七段の方が多かったのが、だんだん同じぐらいになってます。それだけ、藤井七段の考える時間が増えてきてる。

74手までで、残り時間が

  • 藤井七段  44分
  • 久保九段  33分

 

互いに全く譲らない、すごい勝負です。見ていてワクワク。

藤井vs久保 21時30分頃の対局の様子

手数が84手。時間の割に、手数が少ないですね。

持ち時間も、もう、二人とも残り少ないです。

残り時間

  • 藤井七段  24分
  • 久保九段  13分

 

形勢は、藤井七段が押してる、と思うのだけど、どうなんでしょ。

ここで、9分でも残り時間が多いって、心強い。(藤井七段の方が持ち時間が多いって珍しいなー)

 

藤井七段が久保九段に勝利

23時23分、184手久保九段が投了、

どちらも1分将棋になってから、きわどい勝負が長く続きましたが、見応えある、素晴らしい戦いでした。

最初からずっと、藤井七段が攻めて、久保九段が受ける感じだったのですが、途中、久保九段が攻めるターンが続いた時には、藤井七段が負けそう? に思えた時もあって。

いい戦いを見れてよかったー。

次の対戦相手は豊島三冠

勝った藤井七段は、次の対戦相手が豊島三冠です。

そして、その対戦にもし勝つことができれば、次の対戦相手は渡辺二冠。

そしてそして、その対戦にも勝つことができれば。。。。

広瀬竜王に挑戦、なんですよ!  挑戦も夢ではないかも??? って思えてきた。

ガンバレー、藤井七段。ガンバレー。

スポンサーリンク
オススメ記事