Pick Up!
藤井聡太と猛が解説の永瀬拓矢vs高見泰地の叡王戦七番勝負第1局
スポンサーリンク

対局日4月6日叡王戦七番勝負第1局

永瀬拓矢vs高見泰地

 

なんと!

藤井聡太七段が解説に登場ですっ!藤井猛九段とW解説

中継(リアルタイム)はニコニコ

永瀬拓矢が初タイトル獲得か高見泰地が防衛・連覇か?

感想を追記しました

永瀬七段とVSの話は面白かったですよ!

藤井聡太はゲスト解説!?藤井猛は解説

ニコニコの将棋特集のページを見ると、

【将棋】第4期叡王戦 七番勝負 第1局 高見泰地叡王 vs 永瀬拓矢七段

  • 解説 藤井猛九段
  • ゲスト解説 藤井聡太七段
  • 聞き手 山口女流
  • 立会人 木村一基九段

 

となっています。

藤井聡太七段はゲスト解説!?

前回の山崎八段との解説(叡王戦 羽生竜王vs菅井七段)の時もそうだったかな?

W解説だったような気もするし、違ったような気もする。。。

藤井七段の前回の解説はどんな感じだった?

前回の解説↓は山崎八段と一緒で、聞き手は貞升女流でした。

固まる藤井聡太

前回の山崎八段との解説の時の藤井七段は、将棋の大盤の前で、次の手を考え出したら思考が止まらなくなったよう。フリーズというか、大盤の駒を見て動かなくなる場面が。。。

山崎八段と貞升女流がオロオロまではいかないけれど、「どうしよう、話振ろうか、どうしよう!?」って雰囲気。それと共に、そんな藤井聡太七段の姿をニコニコして見ていた山崎&貞升の2人の姿も印象的でした。

山口女流のさばきに期待!

今回も、藤井聡太七段の解説と、藤井猛九段とのからみが(どんなトークになるのか予想がつかないけれど)とっても楽しみ!

山口女流はさばきがピカイチだから面白いトークを引き出しに期待してます!( 貞升女流も、山口女流も、ソフトなのに、聞くところはビシッと聞いてくれるところと、面白い話を広げてくれるところが、好き)

スポンサーリンク

叡王戦 七番勝負とは?

高見叡王と戦う決勝戦のこと

予選と本戦トーナメントを勝ち抜いた棋士が、高見叡王への挑戦者となります。

その後に叡王と挑戦者が戦うのが、七番勝負。決勝戦です

永瀬七段は、本戦トーナメントで菅井七段に勝利し、この七番勝負にやってきました。

その時の対局は↓に詳しく

叡王戦について

叡王戦は、ドワンゴ(ニコニコ) 主催のタイトル戦

第1局は台湾で対局

七番勝負の第1局は、台湾で行われるんですよ! すごいですね。

第2局も知床、と豪華なホテルで行われる叡王戦。

出てくるご飯メニューも豪華で、昼ご飯とおやつ、対局者じゃないけれど、見ているだけでも美味しそうで、きっと楽しめそう。

七番勝負、台湾や知床のどんなホテルでするのか知りたい!方は、こちらに叡王戦七番勝負のリンクをどうぞ↓

こちら(叡王戦七番勝負の公式HP)

叡王戦七番勝負は持ち時間の変更が特徴的!

叡王戦は、対局時間が、他のタイトル戦と違って個性的、なのが特徴?かもしれません。

  • 第1局・第2局  持ち時間5時間
  • 第3局・第4局  持ち時間3時間
  • 第5局・第6局  持ち時間1時間
  • 第7局       持ち時間6時間

 

叡王戦の詳しいルールが知りたい方はこちら (ドワンゴの叡王戦 開催概要のページに飛びます)

ニコニコの中継(リアルタイム)の予定

開始日時

  • 2019年4月6日 土曜日
  • ニコニコの開始時間 10:30
  • 局開始時間 11:00

解説、聞き手、立会人

  • 解説    藤井猛九段
  • ゲスト解説 藤井聡太七段
  • 聞き手   山口女流
  • 立会人   木村一基九段
持ち時間 5時間、です。 台湾開催。(←書きたかった)

藤井聡太の解説は18時から

12時30分過ぎいつ登場なのするのか、今か今かと待っていましたが。

まだ藤井聡太七段の登場はありません。

藤井七段は高校生なので、以前解説(山崎八段との)した時のように、6時くらいまでなのかなーとは思っていましたが、夕方からの解説になるとは、予想外です。

先ほど、藤井猛九段が、「18時ごろからになると思いますよ、多分」って。

藤井聡太さんに聞きたいことがあれば、メールなど募集しますとのことでした。

藤井聡太七段の解説は、18時ごろから〜のお知らせでした。

早まりそうなら、また更新でお知らせしますね。

 

以下見た感想を追記しました

藤井聡太七段の解説の感想

藤井猛九段が言っていた通り、18時からの登場でした。(見る人が多く、ニコニコさんから追い出され、なかなか入場できず、見れないかと焦った。)

藤井猛九段の振りが素晴らしくて

ちょうど1時間だけの出演でしたが、藤井猛九段の振りが素晴らしかったです。

藤井聡太七段がバンバンと駒を動かし、詰みまでがあるかどうかを探したり、確認していくのがたくさん見れました。

藤井聡太七段が詰みまでを探す

藤井猛九段が「はい、出番ですよ、詰ませて下さい!」 と言うと、聡太七段は、ふふふっと声を出して笑ってましたが、促されてどんどんと駒を動かしていく。

途中、藤井猛九段が駒を動かすと、聡太七段が「これは竜が効いているので。。。」と。

藤井猛九段が「ああ、そうか、そうですね、」や「リプレイリプレイ」と言いつつ駒を戻していく場面があつたり。

藤井猛九段の名前の上に飛翔のサイン

視聴者プレゼント用の色紙に、藤井同士でサインする時。

先に書いてあった藤井猛九段の名前の上に、聡太七段の飛翔の文字が被さるハプニングもあり。

でも優しい藤井猛九段は「全然いいです」、山口女流は「藤井先生が半分よりはみ出してかいてるからですよっ」てフォローしてくれてました。

藤井聡太vs永瀬拓矢のVSの話

最後の質問コーナーで、1番面白かった話。

永瀬七段とVSしてるそうですが、どんな話をしているか

答え 全然してない。

出会って、1分くらいで将棋を始めるそうです。

3局ぐらい、将棋を指して、帰っていく。途中、ご飯を食べるのでその時くらい少し話すみたいですけど。話すより、将棋をしたい2人、相性がいいんですね。

バナナを食べてるのはまだ見たことない、とも。

一昨年の5月くらいから、声をかけてもらってvsしているらしいです。

藤井vs永瀬の勝敗は?

勝敗を藤井猛九段が「どちらが勝ってるのが多いとかはどうなの?」と聞いたときには、「それは言えません」とニコニコしながらも即答。

ニコニコのコメント欄にも流れてましたが、藤井聡太七段の方が勝ってるのかなーと思いました。

藤井七段の方が負けているなら「永瀬七段にはいつも負けてばっかりで、なかなか勝てません」ってコメントは言いやすいはずですもんね。

あっと言う間の1時間で、藤井猛九段が「もう終わり?僕が帰った方がいいんじゃないの?」ってジョークが飛ぶぐらい、濃い内容で楽しめました。

楽しかったです。

今度はもう少し、1時間と言わず、せめて2時間で。(笑)

叡王戦 第1局 永瀬vs高見の結果

永瀬七段が勝ちました。

135手で、高見叡王が投了しました。21時24分。

ずっと高見叡王が有利だったようでしたが、あっと言う間に優劣が入れ替わった印象です。

大逆転といってもいいのではないのでしょうか。

決めきれなかった高見叡王。勝利が目前でスルスルと逃げていったようでした。

時間差があったのも、大きい気がします。

114手から、高見叡王だけが1分将棋になってしまいました。

 

次の対局の日程は、4月13日です。楽しみです。

スポンサーリンク
オススメ記事