Pick Up!
藤井聡太vs渡辺明の棋聖戦91期、勝て〜ガンバレ〜藤井七段
スポンサーリンク

91期 棋聖戦

第二局

藤井聡太vs渡辺明

 

藤井七段のタイトル初挑戦、2局目です。

 

棋聖戦の1局目は、藤井七段が勝ちました。

その時の様子詳しくは↓

 

第2局は、渡辺三冠が先手。

このまま終わる渡辺三冠じゃない、と思ってます。

 

なので、楽しみ〜

そしてやっぱり。。。

 

勝て〜藤井聡太!

ガンバレ〜。

この記事の目次

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦】第2局

初戦の第1局は藤井七段が勝ちました。

第2局はどうだろ。

渡辺三冠の作戦も気になるなー

持ち時間

  • 4時間

 

ちなみに、タイトル挑戦が決まったもうひとつの対戦

木村王位との王位戦は、なんと。。。

8時間です。

Abema TVの解説者

  • 解説者:藤井猛九段
  • 解説者:阿部健治郎七段
  • 聞き手:加藤桃子女流三段
  • 聞き手:山根ことみ女流二段

 

藤井聡太vs渡辺明のデータ

過去の対戦成績

は、藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦第1局】の記事に書いてます。

 

データや過去の対戦成績は↓でどうぞ

スポンサーリンク

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦第2局】開始

藤井七段、また8時45分ごろ、入室です。

すごく早い。

 

渡辺三冠は、それから5分ほど後から入室。

渡辺三冠の脇には、例の大きな青いクーラーボックスが、ドーンと置いてあります。

(ドラえもんのポケットが浮かぶ。。。色んなものが出てくるし。)

袴姿の藤井七段

藤井七段も、着物着てますねー。

杉本師匠にもらった2着のうちの1つ、でしょうか?

 

マスコミに

「なぜ着てなかったんですか」

「いつ着るんですか」

と言われ続けてたので、1度は着るんだろうなーと予想してましたが。。。

 

そっか、7月1日・2日に、木村王位との王位戦もあるから、ここで着ないといけなくなったのかな。

振り駒

第2局は、振り駒はありません。

(第1局で、振り駒したから)

 

第1局で先手だった藤井七段、第2局は後手番です。

作戦は矢倉

めちゃくちゃ早いペースで進んでます。

10時すぎ、開始1時間で、33手。

攻撃開始が早い〜。

 

と思ったら、急戦矢倉、とか言うらしい。

急戦矢倉ってなーに? 藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦第2局】

急戦矢倉、なんじゃそりゃ。

その字の表す通り、急いで戦う?

わかったような、わからないような。。。

調べてみました。

いい堅陣の矢倉を攻略するため、或いは自玉の堅さを生かす戦法が色々作られており、長い研究の成果で定跡化が進んでいる。
矢倉での戦い方は双方が矢倉囲いに玉を収めてから戦う相矢倉が多いが、先手が戦型を決めやすい。
そのため、先手に主導権を握られるのを嫌い、後手が矢倉に囲わず積極的に攻勢にでる戦法がある。
これを急戦矢倉といい、その種類も多岐に渡る。

Wikipedia

 

近年では角道を止めた先手に対し、後手から仕掛けていく。
先手に主導権を握られる展開を避けたい、後手の積極策として以下の戦術が発展した。
矢倉を目指す先手は相手の急戦を警戒した駒組みが求められている。

WIkipediaより

ふーむ。
後手から、積極的に攻撃する矢倉、という戦法みたい。

藤井七段が好きっぽいなー。

 

そう思うのはなぜかというと。。。

以前の藤井七段は(最近は違うけど)どんどん前に出て攻めるのが好き、みたいな戦い方だったから、です。

この戦法も実は大好きなんじゃないかなぁ、と予想してます。

 

渡辺三冠が最初から随分と手を止めて、慎重に考えてたのはなぜなんだろ。

戦法を決めたのは、渡辺三冠? 藤井七段?

 

うーん、わからん。

まっ、いいや。(どうせわからないことばかりだし)

 

初タイトル戦で、こんな戦法が見れるのが嬉しいのだ。

面白いなー。楽しいなー。

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦第2局】昼前の対局

渡辺三冠がこんなに早くから、慎重に時間を使ってる。意外です。

先に仕掛けたのは渡辺三冠

10時過ぎ、31手目で早くも歩をぶつけた渡辺三冠でした。

 

渡辺三冠が早くも長考

藤井七段は、17分考えて、3筋の玉の横に下げた角を、また元の位置である、2筋に戻します。

すると、その手に対して、渡辺三冠が33分考えた。

 

藤井七段が戻した角の頭を狙ってる〜(のか?)

渡辺三冠の飛車は、無事9筋に移動します。

金が前に!?

42手目。

藤井七段の金、玉から離れて、攻撃に参加しようとしてる?

自信があるのか、指してすぐに席を立ちました、藤井七段。

 

解説によると、佐藤会長が驚いて絶叫した、らしい。

 

藤井七段強気で攻めます。いやー、面白いっ

その手の後の渡辺三冠、読み筋になかったのか、24分考えました。

 

この手、実は後の検討でも、大絶賛される、うなる手だったんです。

昼食休憩前に指す藤井七段

昼食休憩まであと10分もないって時。

バシッ、と指しました。藤井七段。

ほーっ。

 

なんかすごいですね。迷いがないというか、今日の藤井七段はちょっと違うかな。

自信があるのか、なんだろう、逆に伸び伸びしてる、というか。

 

イケイケの攻撃戦法?は藤井七段は好きそうだし、この戦法は、今は指されなくなった戦法のようだし。。。

ただ、藤井七段はそんな戦法を指すことが(実戦で試せるのが)嬉しいのかな?

なんか、楽しそうにすら見える。

消費時間

  • 藤井聡太  53分
  • 渡辺明   1時間32分

珍しい。

藤井七段の方が、渡辺三冠よりも、40分近く多く残してます。

渡辺三冠の予想してない手を藤井七段が指してるってことかな?

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦第2局】昼食後の対局の様子

渡辺三冠が9分使って、昼食休憩に。

昼食メニュー

  • 藤井聡太    海老天重、吸い物
  • 渡辺明   うな重(桜)

うな重の"桜"ってなんだ?

説明によると、上から3番目らしいです。(下から2番目、1番下ではないって風にも言える)

 

第1局は、うな重の竹でした渡辺三冠。

天彦九段のように、どーん、と特上ってタイプではないんだな、きっと。笑

ただ、桜でも4,510円。(渋谷からの出前だから?)

長考するかな? 藤井七段

昼食後すぐ指した渡辺三冠に対し。。。

前傾姿勢で藤井七段が考えてます。こりゃ、長考するか?

 

時間も、50分ぐらい、藤井七段の方が多く残してるし。(超珍しい!)

AbemaTVの評価値

  • 藤井聡太  57%
  • 渡辺明   43%

どうなんでしょうねー。

藤井聡太の袴(着物)は仙台平

長考中の藤井七段。

ここらでちょっと一服して藤井七段の着物情報を。

涼しそうな夏用の袴

藤井七段の着ている袴、上着は透けてます。

仙台平、というらしい。

夏用で、藤井九段いわく「7〜8月限定、みたいな素材」とか。

 

昨年のJT杯、1回戦のvs三浦九段との対戦の時に着たもの、でした。

杉本師匠のプレゼント

先にも書きましたが、この着物(袴)は、師匠である杉本七段がプレゼントしたもの。

杉本師匠は、2着プレゼントしたと言ってました。

もうひとつが冬物、もしくは春夏用なのかな?

 

頑張ってプレゼントしました、と言ってましたが、ほんと、仙台平って良いものみたい、です?

仙台平とは 袴の最高峰

絹みたい。

袴の最高峰、と書いてあるサイトも。(高島屋とか)

仙台平(せんだいひら)は、日本の宮城県仙台市で作られる絹織物である。江戸時代から明治時代にかけて袴地の最高級品として知られたが、袴の需要減少とともに生産量が少なくなり、現在製造するのは合資会社仙台平だけである。重要無形文化財

Wikipedia

 

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦第2局】14時頃の対局

渡辺三冠が、昼食休憩後、すぐに指したあと。。。

藤井七段は、ずーっと長考してます。

藤井七段の長考は50分

50分考えた後、藤井七段が指したのは桂跳ね。

攻めますよーっ。

 

しかし、その手は予想手。渡辺三冠は2分で指しました。

歩をぶつけてきた。

渡辺三冠、攻め合いを選んだっ

また長考中、藤井七段

攻め合いを挑まれた藤井七段は、なにを選ぶか。

。。。

桂を跳ねて、攻撃を選んだ!

大長考と長考、お互いに続くのだ

桂を跳ねて攻撃した藤井七段は、58分もの大長考でした。

その前は50分考えてたので、連続で2時間もの長考をしたことになります。

 

  • 46手 50分  (藤井)
  • 47手 2分
  • 48手 58分  (藤井)
  • 49手 2分
  • 50手 29分  (藤井)
  • 51手 40分

 

51手目にやっと渡辺三冠が長考してくれてちょっとホッ。

だってね、時間差が気になるから。

 

渡辺三冠が40分も考えて指したのは、角交換でした。

51手目までの残り時間

  • 藤井聡太  50分
  • 渡辺明   1時間32分

できれば、これ以上広がりませんように。

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦第2局】16時頃の対局

そこからは、トントン、と進みましたが、また藤井七段が止まった!

23分の長考で指した手が!!!

藤井七段が指した手は、意表の手。

(プロ棋士が意表、って言ってるぐらいなので、私にはまったくわからない)

 

この58手目に指した3一銀、これがまたまた、本日2つめの素晴らしい1手。

AI超えとよく言われるけれど、本当にAIを超えるような手を指した藤井七段でした。

28分長考後は早逃げ

渡辺三冠が28分も使ったあげく、玉の早逃げ。

ということは。。。

先の藤井七段の意表の手は良い手、だったのかな?

 

その後、またトントンと進んでます。

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦第2局】17時頃の対局

藤井七段の時間がどんどん無くなってます。

大丈夫か〜???

残り時間

65手まで

  • 藤井聡太  24分
  • 渡辺明   55分

今藤井七段が考えてるので、実際はもっと時間、ありません。

 

Abemaの評価値

  • 藤井聡太  63%
  • 渡辺明          37%

 

時間がー、時間が気になるぅー。

渡辺三冠、もっと使ってくれぇ。

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦第2局】18時頃の対局

藤井七段、勝ったかもしれません。

背中が丸くなってきた渡辺三冠

渡辺三冠の背中が丸くなってます。

 

あちらこちら向いたり。。。

顔つきがあまり考えてるように見えない。

上を仰いだり。(こんな時は、どこが悪かったか思い出してる時だと天彦九段が言ってたし)

渡辺三冠の姿勢にも、もうあまりやる気があまり感じられなくて、ぐったり感が出てる気がする。

藤井七段の攻撃が続く

どんどん攻めてくる藤井七段、手が止まりません。

渡辺三冠が防戦一方に。

先手なのに先手じゃなくなってる。。。

 

藤井七段の手が早くなった

今まで時間を使っていた藤井七段、トントンと指しています。

渡辺三冠は5分、4分、2分、と考えてますが、藤井七段はそれぞれ1分も考えずに指してます。。。

もう読み切ってる?

 

残り時間、いつの間にか

残り時間の差がほとんど無くなってました

84手までで

  • 藤井聡太  6分
  • 渡辺明   10分

藤井七段の残り時間6分だったのは、74手を指した後から。

なので、10手を1分以内で指してるってことになる。

 

渡辺三冠の姿勢がどんどん丸く、顔を歪めるような表情をしたり、頭を撫ぜたり。

まるで「どこでこんなに悪くなったんだ」と言いたげ、に見える。

藤井七段、勝利。vs渡辺明【棋聖戦第2局】

藤井七段、勝ちました。

90手で、渡辺三冠が投了。

18時38分でした。

 

少しずつリードを広げて、最後の方は一気に差を広げたような戦いで。。。。

藤井七段の危なげない強さが光ったような第2局、でした。

 

投了まで、90手ですから、思ったより、差があった、ということなのかな?

 

対戦相手が渡辺三冠と思えないような対戦で、快勝といえるような気がするんですよ。

力負けした、というか。

いいところが全く無かったように見える。

 

渡辺三冠が間違えた、って事なら、負けたのはそれが原因、っていえるので、次に頑張ろうって思えそうだけど。。。

 

この負け方、いくら渡辺三冠と言えども、心理的にいやな感じを残しそう。。。

 

スポンサーリンク

藤井vs渡辺 【棋聖戦第3局】の対局予定は

これで、藤井七段の2勝0敗となりました。

 

棋聖戦は5番勝負。

先に3勝した方が、勝ちです。

なので、藤井七段は、タイトル奪還まで、王手となりました。

 

あと1つ勝てば、藤井七段が藤井棋聖になるんですね。

棋聖戦 第3局は7月9日(木曜日)

次の対局、棋聖戦の第3局は、7月9日木曜日、です。

どうなるんだろう。

 

第3局は藤井七段が先手。

なので、藤井七段が有利か?

 

でも渡辺棋聖の、強い強い攻撃も見たい気もする。

(たくさんの対局が見たい。。)

 

**棋聖戦の第3局の前に、木村王位との王位戦があります〜。

応援しなくっちゃ。

でもどっちも応援するんだぞっ、と。**

 

ガンバレ〜、藤井七段!  (とガンバレ〜、木村王位)

スポンサーリンク
オススメ記事