Pick Up!
藤井聡太vs渡辺明の棋聖戦91期、勝て〜ガンバレ〜藤井七段
スポンサーリンク

棋聖戦 第4局

藤井聡太vs渡辺明

 

藤井七段のタイトル初挑戦の4局目。

初タイトル獲得、そして30年ぶりの最年少タイトル獲得は?

17歳タイトル獲得には、今日がラストチャンス!

この記事の目次

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦】第4局

棋聖戦第1局・第2局と2連勝した藤井七段、先に王手をかけて臨んだ第3局。

渡辺三冠のさすがの強さと研究に負けてしまいました。

 

まだ先に王手中の藤井七段。

この第4局で勝てば、タイトル獲得となります。

どうなるか。。。

持ち時間

4時間

短いなー。藤井七段が、もし渡辺三冠より終盤で時間を残していたなら、確実に勝てそうなんですが。。

Abema TVの解説

  • 解説者:久保利明九段
  • 解説者:都成竜馬六段
  • 聞き手:室谷由紀女流三段
  • 聞き手:本田小百合女流三段

解説陣、対局場所が関西将棋会館だけに、関西の棋士?

 

久保九段がTwitterを始めた!

室谷女流に「久保先生Twitter始められたんですね」とふられた久保九段。

「あまり言われるので(ツイッター始めたと)、昨日始めたんですが、もうやめようかと思ってます 笑」と。

その面白トークが人気なんですね、きっと。

 

AbemaTV杯のチーム久保(久保、今泉、菅井)で最初の頃のTwitterで

久保九段が、「誰もリーダーの言うことを聞いていない 笑」という書き込みにウケました。

 

菅井八段はTwitterしないのかな? 今泉五段はもうTwitterされてるようだし。

久保九段と掛け合いしたら、漫才みたいで楽しそうなのにな。

 

スポンサーリンク

藤井聡太vs渡辺明のデータ

  • 藤井&渡辺それぞれの成績
  • 藤井&渡辺の対戦成績

などのデータは、藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦第1局】の記事に書いていますので、そちらを見てくださいね。

 

データ&過去の成績は↓でどうぞ

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦 第4局】開始

藤井七段の入室、今日は遅めでした。8時47分頃。

渡辺三冠も藤井七段も、表情から、なんとなくお疲れ気味?

そりゃそうだ、スケジュールがびっしりの二人。

 

藤井七段は、木村王位との対局を終えて、中1日。(移動日というべきか)

渡辺三冠は、豊島二冠との対局後、中2日。

藤井七段の袴は黒の羽織

袴姿も板についてきた藤井七段。

襟がボワッと広がることもなく、おさまり良くなってきました。

羽織は透け感のある黒色。

 

渡辺三冠は、鮮やかな色の緑色の着物。

渡辺三冠の青いクーラーボックス

ありました、渡辺三冠の大きな青いクーラーボックス。

ドラえもんのポケットのように、色んなものが出てきます。

 

残念なのは、渡辺三冠の向こう側に置いてあること。(こちら側は脇息があるから)あまり見えない〜。

ゴソゴソと、結構度々といろいろ出てくるのが面白くて。

(朝からジュースを出して飲んでました)

 

羽織姿、最上階の1番上等の部屋、後ろに永世名人の掛け軸、

そこに巨大な青いクーラーボックス。

ミスマッチで可笑しい。

先手の渡辺三冠が選ぶ作戦は?

解説の都成六段は角換わり、室谷女流は矢倉、と予想されていました。

その予想の理由は

 

都成六段は、矢倉で2回負けているし、渡辺さんは戦略を考える合理的なタイプなので。

室谷女流は、得意な矢倉で負けている。だからこそもう1度矢倉で戦って勝つんだ、と選ぶんじゃないか。

 

結果はどうかというと

矢倉を選んだ渡辺三冠

結果は室谷女流が予想が当たりまして、矢倉。

ちなみに、後から解説に加わった久保九段の予想も、矢倉だった。

 

男性棋士から見ると、意外な選択だったのか?

 

渡辺三冠のプライドだったのか。

それとも、角換わりでの研究手はもうない。

それで藤井七段と角変わりを指したくないから? なーんて、考えてみる。

 

でもやっぱりプライド、そして自信、じゃないかなぁ。

自分の得意な矢倉で負けてこのままじゃあ、現棋士最強、三冠の名がすたるってもんよって。

そうでなくっちゃ、ね。

 

渡辺三冠が矢倉を選んだ本当の理由、聞いてみたいなー。

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦 第4局】の対局

渡辺三冠の選んだ作戦、矢倉。

負けた矢倉を選んだからには、なにか良い手が見つけてきて、ということだから藤井七段、慎重にならざるを得ません。

こりゃまた時間が気になる展開になるのか?

棋聖戦第2局と同じ形に導いたのは渡辺三冠

30手の6四銀は、渡辺三冠が負けた、棋聖戦第2局と全く同じ形。

しかもその形になるように導いた(仕掛けた)のは、負けた方の渡辺三冠。

その理由は、改良を考えてきたから、ということ。

その改良は?

改良手は9六歩だった

渡辺三冠が指した31手目は、9六歩。(第2局は、4五歩)

 

改良手を指されたので、さぞや藤井七段は長考するだろう、と思いきや。。。

藤井七段は、10分で指し返した。

藤井七段が差し返したその手

差し返したその手(1四歩)は、第2局では指されていない手。

 

ということは、藤井七段も研究し直していた、ということなのか?

それとも、その場で10分で考えた、のか?

 

どちらにしても、渡辺三冠の改良してきた手に対して、10分で差し返されるのはいや、かもね。

午前のおやつ

  • 藤井聡太 オレンジジュース
  • 渡辺明  無し

添え物の焼き菓子もあります。タイトル戦の割に質素。

桂馬が跳ねた

渡辺三冠の桂馬がもう4五まできました。(35手)

どんどん攻める気?

2筋3筋をずーーっと攻める

桂馬はねてから、ずーっと2筋と3筋で攻防が続いてます。

渡辺三冠がずーーーっと2筋3筋を攻め続けてます。(ひつこいぐらい。。。)

いつまで続くんだろ。

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦 第4局】昼頃の対局

昼食休憩。

ここまでずっと2,3筋攻防続いてました。

昼食メニュー(勝負メシ)

  • 藤井聡太  味噌煮込みうどん
  • 渡辺明   スペシャルハンバーグセット

 

木村王位との王位戦で中華、ステーキを選んだ藤井七段。

今日選んだのは味噌煮込みうどん、と超和食のほっとするメニュー選択。

タイトル戦ぽくはない。笑

冷房効いてるのかな?

 

渡辺棋聖のスペシャルハンバーグセットは、それなりにはタイトル戦ぽい。

これも、挑戦者(若手)が、気にせず好きなメニューを選べるように、と値段を高めのメニューを選んでるのだろうか?

(藤井七段は気にせず、煮込みうどん?)

60分長考の藤井七段

昼食を挟んで、渡辺三冠が34分考えて指した手を見て、藤井七段が1時間長考。(52手)

その後数手トントンと進み、手が止まった

54分長考した渡辺三冠

珍しいなー。渡辺三冠が54分も考えました。

考えたのは、藤井七段が指した56手目、9四桂の後。

 

桂馬を端の9筋に指すのって、あまり見ないような。

(それ以上はまったくわかりませーん)

午後のおやつ

  • 藤井聡太  アイスティー
  • 渡辺明   無し

なんだか淋しい。

関西将棋会館で対局だから、ダニーさんのオススメおやつ、とか欲しかったなぁ。

(いつもスイーツの新作を持って将棋会館にやってくると都成六段が言ってました)

残り時間

時間差が詰まって良かった。

57手目で、渡辺三冠が54分考えたおかげで、ほぼ時間差がなくなった

  • 藤井聡太  1時間35分
  • 渡辺明   1時間49分

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦 第4局】16時頃の対局

1手ずつよく考えてるので、あまり進んでません。

特に、渡辺三冠はもっとポンポン指してるような気がするので、すごく時間を使って慎重に指してる印象。

盤面は。。。わかりません

高度すぎてわかりません。

(高度じゃなくてもわからないけど)

 

藤井vs渡辺の竜王戦か名人戦が見たい

すごいなー、渡辺三冠と対等に戦える棋士自体が少ないって、佐々木勇気七段が言ってたけれど。

17歳で、七段で、B級2組に上がったばかりの藤井七段。

現役最強棋士の渡辺三冠と互角に戦ってるだけで、すごい。

 

今度、4時間という短い時間でなく、竜王戦や名人戦のように長い時間の対局が見たいなー。

 

名人戦に出る、というかA級になるまで、最短であと2年、3年?

飛び級、とかないんですかねっ?

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦 第4局】18時頃の対局

どうなるんだろ。

AbeamTVの評価値はずっと同じぐらいです。

少し渡辺三冠が少し有利、なところ。

AbemaTVの評価値

75手まで

  • 藤井聡太  47
  • 渡辺明           53

随分前から、ずーっとこれぐらい。

藤井&渡辺の姿勢

ゆたうきの姿勢観察。

藤井七段がすごく悪い。と考えてはないように見えます。

背筋がシャキーンとしてるから。

 

渡辺三冠は。。。ものすごく悪い、もなさそう。

でも、良さそうでもない。

ちょっとずつ丸くなりつつある、ような。

頭をつるっと触るのが多くなってきたし。

6筋に高いタワー

なんじゃこりゃっ。

6筋に、上から、角・桂馬・銀・歩・金・王将、と縦長に コマが乗っかってます。全部渡辺三冠の駒。

渡辺三冠の角が成ったら、藤井七段が負ける、らしい。(解説によると)

えーっ

評価値が逆転した!

お? 1手で急にAbeamTVの評価値が逆転しましたよ?

逆転になったのは、77手目、5三桂ならず

 

久保九段が「あ、そっちか」って言ったくらい、意外な手だったようです。

吉と出るか、凶と出るか。

逆転したかも!!!  藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦 第4局】

逆転したかもしれません。

タイトル獲得が近づいてる気がします。

ここから間違えなければ、だけど、藤井七段が間違えそうもない。

だってね

残り時間

  • 藤井聡太  15分
  • 渡辺明   17分

時間差がないんです。

これなら、読み負けしないから、負けない、と思うのですが〜。

80手目、3八銀が良い手だった

久保九段の解説

藤井七段の80手目、3八銀が良かった。

この時しか入らない手だたった。

 

しかし、渡辺三冠も防ぐ手立てはその前にあったから、誤算だったのだろう。

桂馬かー、いやー、と嘆く

82手目、藤井七段が8六桂を指して、席を立つと、渡辺三冠が

「桂馬かーー。」と顎をつく。

「いやー」と言いながら、扇子パタパタ。

渡辺三冠の時間がない!

渡辺三冠が83手目に時間を使います。(残り時間が20分切ってるのに)

 

久保九段の解説

「4七に桂馬を打たれたらもたない。消去法で、4八歩しかない。ただ、その後の手が難しい」

 

残り4分まで考えた渡辺三冠。

詰むのか、渡辺三冠の玉

藤井七段も残り時間10分を切りました。

藤井七段、鋭角姿勢で考えます。

 

 

一方、渡辺三冠の姿勢は直立気味。背中が丸くなりつつありますがまん丸猫さんまではいってません。

AbemaTVの評価値

  • 藤井聡太  80
  • 渡辺明          20

残り時間もお互いに2分、5分。

藤井聡太vs渡辺明【棋聖戦 第4局】19時頃の対局

渡辺三冠、87手、6四桂で攻撃。

藤井七段、88手、4六桂で、金を取ろうとします。(短い残り時間にもかかわらず、6分使って)

渡辺三冠が先に1分将棋に

渡辺三冠は先ほどの桂馬が飛んで藤井七段の玉を攻撃。

が、藤井七段はもう読み切りのよう。

渡辺三冠も、藤井七段の玉が詰まないのはわかっているようです。

コマがぴったり藤井七段

飛車で王手されたら、間に歩。

飛車成で玉を追いかけられたら、間に桂馬。

 

藤井七段の持ち駒はあと金1枚。

その残りの金1枚で、渡辺三冠の玉が詰む、という。。。

 

持ち駒を1枚も無駄に残すこともなく、ぴったり。

藤井聡太勝利 ! vs渡辺明【棋聖戦 第4局】

藤井七段、勝利しました。

110手で、渡辺三冠が「負けました」と投了。

19時11分でした。

 

藤井七段の初タイトル獲得、棋聖になりました。

 

史上最年少、17歳で獲得。

誕生日が7月19日なので18歳の2日前にとったのですね。

 

**追記

「まじか」と渡辺三冠

投了前、顔を拭いて、そのタオルをお盆に投げるように置き、首をかしげて「まじか」って呟いてる。。。

感想戦 藤井vs渡辺【棋聖戦 第4局】

速報です〜。聞きながら書いたので、間違いがありましたらご容赦を

記者の質問に渡辺三冠が語る

2六金(66手目)と取られて、形勢をを損ねたと思うんですけど。

 

4六歩(62手目)は読んでいなかった。

7,8筋の方を見ていたので。

 

6八金(61手目)と逃げて、左側は受かったんで

 

4五歩(51手目)

2五金(64手目)

となって、左が受かってたら良いというのではなくなってきて

 

全体に、せった将棋で負けているので、仕方ないと思う。

 

中終盤のせったところで勝てなかったんで。

中終盤の指し回しで、こっちの気付いていない手が多かった。

 

記者の質問「年下に負けたのは初めてなのですが」に答えて

 

せったところで負けているので、すごい人が出てきたな、と。

せったところで負けているので

渡辺三冠は、この言葉「せったところで負けているので」と何回も言ってました。

その通りにガチンコで勝負して、負けたーって感じでした。

 

渡辺三冠がサバサバした表情で

感想戦もそうですが。。。

投了直後も、悔しそうというよりは、サバサバした表情だったのが印象に残りました。

 

見ている感想も、真正面からぶつかっての、素晴らしい対局だった、です。

藤井七段が勝ったのは嬉しい。

だけど。。。

あー、もっとたくさん見たかったー。

 

素晴らしい対局を見れました。

感謝。

 

勝敗を分けたのは? 藤井vs渡辺【棋聖戦 第4局】

80手目の3八銀

久保九段が

「この時しか入らない手だたった。しかし、渡辺三冠も防ぐ手立てはその前にあったから、誤算だったのだろう。」

と言ってましたねー。

杉本師匠は

「逃げずに、飛車取りで返したこの手が」と

 

桂馬が12回

寅彦九段が言ってた情報。

110手で終局なので、藤井七段が指したのは55回。

その55回指したうち、12回が桂馬だそうです。

 

藤井七段は、角の使い方がうまいのは有名ですが、それと同じか、それ以上に桂馬の使い方が素晴らしいんですねー。

逆に、飛車は守りになってるのか、あまり動いてないような気がする。

飛車まで使い出したら、とんでもなく強くなるんでしょうか?

杉本師匠の感想

棋聖戦の3局目は、長考した結果、時間がなくなり、ミスが連発して負けた。

この4局目は、時間の使い方も良く、バランスが良かった。

また成長してくれた。

(相手が思いつかない手まで深読みして、自分が不利なんだと思ってしまうそうです)

 

これから、胸を張って、下座に座ります、と。

どちらが支払うかについては、「藤井に聞こうと思ってます」だそうです。笑

 

スポンサーリンク
オススメ記事