Pick Up!
藤井聡太vs木村一基の第61期王位戦、どちらもガンバレ〜
スポンサーリンク

第61期 王位戦

7番勝負 第1局

藤井聡太vs木村一基

 

タイトル戦です。

藤井七段が、渡辺三冠との棋聖戦に続き、Wタイトル戦に挑戦する王位戦。

 

しかも。。。

その対戦相手が木村王位!

 

昨年必死で応援した木村王位ですよっ。

あの時は豊島王位(当時の)相手に追い込まれて、絶体絶命と思われた後の大逆転で王位を獲得。

7番勝負をずーっと応援してたので、感無量。

初タイトル獲得、木村王位の表情と気持ちを考えると、嬉しくて。(もらい泣きしちゃったのは内緒)

 

あれからもう1年。早い。。。

 

大応援してきた藤井聡太七段が、木村王位に挑戦、です。

 

この王位戦、どちらも応援しません。

だってどちらにも勝ってほしいから〜

ただただ、良い勝負を見たい、です。

 

ガンバレ〜、木村王位。

ガンバレ〜、藤井聡太。

どちらもガンバレ〜。

 

木村王位の人柄がよくわかる新刊本↓出てます

この記事の目次

王位戦 七段番勝負【藤井聡太vs木村一基】

王位戦は7番勝負。

先に4勝した方が勝ち、タイトルの王位を獲得できます。

 

過去の王位戦のタイトルホルダーは誰かや、通算成績、藤井vs木村の過去の対戦成績など、データは、藤井聡太vs木村一基 対局予定と結果もね! /まとめに詳しくまとめてます。

↓でどうぞ

 

持ち時間

8時間

2日制

 

1日目は、18時ごろに一旦終了します。(次に指したい手を封じて)

中継(リアルタイム)はAbemaTVで見れます

1日目の解説・聞き手

  • 解説者:中村修九段
  • 解説者:遠山雄亮六段
  • 聞き手:竹部さゆり女流四段
  • 聞き手:安食総子女流初段

2日目の解説・聞き手

  • 解説者:広瀬章人八段
  • 解説者:阿久津主税八段
  • 聞き手:長谷川優貴女流二段
  • 聞き手:和田あき女流初段


広瀬八段の解説って、あまり見たことないから、解説も楽しみです

スポンサーリンク

藤井聡太vs木村一基の前夜祭【王位戦7番勝負】

9時開始のAbeamTVに映るのは、すっごく大きな対局場。

能舞台ぐらい広い?

明るくて、広くて、まるで公開対局のようです。

 

と思ったら。。。

 

対局場はホテルの結婚式場、チャペルで、だったんですねー。

 

下のオンライン前夜祭 YOU TUBEの中で、木村王位が

「チャペルですることになったんですけど、別に私と藤井さんが結婚するわけじゃなく将棋を指すので、がんばりたいと思います。」

と言ってた訳がわかりました。笑

前夜祭はオンラインで(YOU TUBE)見れます

6月30日、前夜祭のオンライン中継がありました。

木村王位と藤井七段の対局者二人は、前半の早い時間に登場しています。

 

オンラインでなく、人がいれば、木村王位がドッと沸かせるところだなー、みたいなトークもあり。。。木村王位も頑張ってほしいなぁ、とまたこの画面を見て思ってます。

 

前夜祭の動画は↓

 

藤井vs木村【過去の対局 & 対戦成績】

公式戦ではありませんが、非公式戦では過去2回の対局があります。

瀬戸将棋まつり↓と、早指しのAbemaTVトーナメント。

どちらも藤井七段が勝っています。

ただその2つの対局は、どちらも時間も短く、公式戦(のタイトル戦)の予想・参考にはなりにくいでしょうか。

藤井聡太vs木村一基【王位戦7番勝負】第1局 開始

注目の振り駒はどうか?

また早い到着の藤井七段

藤井七段、また早くやってきました。

30分過ぎ、だったかな。

 

袴姿ですが、渡辺三冠との棋聖戦第2局、黒と濃紺の着物ではなく、ライトカラーです。

袴は、新しく作ったもの、らしい。(解説の遠山六段情報によると)

その後すぐ木村王位が

藤井七段の早い到着に合わせたのか、木村王位も早く到着。

 

木村王位はダークカラーの着物姿

振り駒は

振り駒は。。。

 

先手は藤井七段、でした。

すごっ。

昨年はずーっと後手が多くて、将棋は強いけど振り駒は弱い、と言われてました藤井七段。

今年のタイトル戦2つとも、振り駒で先手がとっちゃうなんて。

 

羽生九段も、当時のタイトル戦の振り駒がめちゃくちゃ強くて、先手番が多かったらしいです。(寅彦九段情報)

解説の山崎八段と西尾七段のトーク

解説で、なんだか面白い山崎八段と西尾七段です。

予想を解説されてるんですが、その場の雰囲気が想像されるからかな?

 

以前、AbemaTVで、W解説で出演していた時の山崎&西尾トーク、良かったなぁ。

何が良かったかと言うと。。。

 

W解説が始まってすぐ、奨励会時代のことにさかのぼり、いやそれは違う、の言い合いが始まった。

「山崎さんが、西尾に負けたって話をずーっと言ってるってのを聞きますが、違いますよ。負けたのは、私の方です」「いや、それは〜〜。いやいや、違いますよ」

って感じだったのですが。。。

 

お互いに引かず(ひつこく、とも言う) 長く、静かなトーンで、結構長く(延々と)言い合いしてるんです。

棋士って、お互いに幼い頃から知ってる間柄だから、幼馴染みみたいな関係なのか、大人になってても、過度な遠慮がないと言うか。。。

側から見ると、どちらでも良さそうなことでも(すみません)、ちがうよーっとか、言い合ってるのを見て、和ませて頂きました。笑

スポンサーリンク

藤井vs木村【王位戦】第1局 午前中の対局

初手、藤井七段はいつものようにお茶を一口飲んだ後。。。

いつもより長めに目をつぶった後指しました。

 

木村九段の初手は。。。。

すごーーく長く目をつぶってから指しました。

時間にすると、2-3分ですが、とても長く感じました

いろいろな思いがあるだろうなぁ、と思えて、またウルウル〜。

駒を落とす藤井七段、ちょっと緊張してる?

そういえば、振り駒の前、将棋盤に駒を並べるのですが。。。

藤井七段、指で玉がつかめずに、なんどか駒を落としていました。

こんな藤井七段も珍しい。

さすがにちょっと緊張してるのかな。

早めのペース

割と早めに進んでます。

 

38手目、木村王位が選んだのが、後手にはあまり良くないと思われている手。

これまでの前例では、後手より先手の方が勝率が高い、らしい。

それを木村王位が選んだというのは、何か作戦があるのかも、と。

 

「攻めるなら攻めろ」っていう強気の手、らしいです。

王位としてのプライド、逃げも隠れもしない、って意思表示でしょうか。

藤井七段が長考で昼食休憩に

藤井七段が長考。

その途中で昼食休憩に入りました。

昼メニュー

  • 藤井七段  海鮮丼、冷たい緑茶
  • 木村九段  海鮮丼、冷たいウーロン茶

 

杉本師匠は、カレーと予測していましたが、見事に外れ。

杉本師匠が思っているより、大人になったのかなーっと思ったり。(だって海鮮丼だから。)

藤井vs木村【王位戦】第1局 昼食後の対局

藤井七段、昼食後は早めに指しました。

藤井七段、90分の大長考だった

大長考の後、2筋、歩をぶつけてきました。

どんどん戦いを起こしていくのか?

木村王位、20分+64分の長考

藤井七段の大長考の後、数手トントン進みましたが、その後木村王位が少し考え。。。

藤井七段が指して返すと、また木村王位が長考64分。

 

ここが勝負どころ、ということらしい。

スポンサーリンク

杉本師匠の感想&予想【藤井vs木村】王位戦

杉本師匠がTVで話してた、局面を見ての感想が面白かった。

木村王位の想像を超えるストレート

「木村王位の想像を超える藤井七段の160キロ ストレート。
思ったより早いな、と感じてると思います。」

 

「データや、棋譜を見て、藤井七段が強い、というのはわかっていても、思ったより早い(球を投げてくる)な、と思ってるのではないか」

 

「それに、木村王位が藤井七段の得意戦法に誘導させた流れになってるんです」

とも言ってました。なぜなんだろう、みたい。

藤井七段にとっての2日制のタイトル戦は?

初めての2日制のタイトル戦、どうなんですか、と聞かれた師匠。

少しも迷うことなく、即答でした。

 

「藤井七段にとって有利だと思います」と。

その理由は。。。

 

長考できるから。

 

藤井七段の将棋を見てる人ならよーくわかる。

いつも時間が足りなくて、もっと読みを入れたくて、の藤井七段ですもんね。笑

読んでる数が数百手!?

藤井七段はよく、1時間はザラ、2時間近く将棋の手を読んでることも多々あります。

杉本師匠によれば、30手かける30手、数百ぐらいは読んでるだろう、ですって。

かける、ってのは、掛ける。掛け算のかけ。

 

つまり、予想する指し手は、それぞれが枝分かれしていくので、って意味。

もう、何が何だか。

 

藤井七段、40手超えの詰将棋も解くので、少なくとも30手かける30手、という意味かも、と思ったりしました。。。

藤井vs木村【王位戦】第1局 15時頃の対局

木村王位の長考が続いてる、というのは苦しいのかな。

AbemaTVの評価値も少しだけど藤井七段に振れてます

AbemaTVの評価値

  • 藤井聡太  62パーセント
  • 木村一基       38パーセント

少し前から、解説の遠山六段が、桂馬を4四に指されたら、負けです。とはっきり言うぐらい、木村王位に苦しい展開になってるようです。

木村王位が思い切った手を指した

木村王位は先の64分の長考で考えてたのか、角を9二角に指しました。

 

遠山六段がずっと前の解説で、桂馬を取られては負けです、みたいなことを言ってたのですが。。。

この9二角は、木村王位の桂馬を藤井七段が取れば、藤井七段の飛車をとるぞって意思表示。

 

つまり、藤井七段に、木村王位の桂馬を取るか、藤井七段の飛車を守るか、の選択を迫った、ということですね。

 

藤井七段は、自分の飛車を捨ててでも初志貫徹で、木村王位の桂馬を狙うのか。

それとも。。。と言う場面。

 

ここで、藤井七段が長考。

勝負どころか。

藤井vs木村【王位戦】封じ手までの対局

藤井七段の長考が続きます。

このまま封じ手になるかもしれません、と解説が。

 

2日制のタイトル戦は、この封じ手をどこでするか、も大事な勝負のひとつだから、当然です。

そうか〜、と思ってたら、おやっ?

藤井七段は封じ手せず、96分長考後、指しました

藤井七段、96分大長考した後、指します。

 

長考して選んだの手は。。。

飛車を捨てた!  初志貫徹です。

木村王位の桂馬を取り、と金を作りました。

 

いつも長考する藤井七段が、封じ手せずに指した、ということは。。。

 

飛車を木村王位に渡しても勝てる、と思ったのでしょうか。

封じ手は木村王位が

木村王位が、18時少し過ぎて、封じる意思を伝えます。

 

封じ手は、角で飛車取りなんでしょうか。

木村王位の角、藤井七段の飛車を取った後、馬には成れても、そこから動きにくいのが気になるなぁ〜。

残り時間

封じ手の53手までで

 

  • 藤井聡太   4時間3分
  • 木村一基   5時間29分

いつもの4時間の対局と違って、残り時間がたっぷりあります。

(1人1分将棋を心配しなくていいので見ていて楽)

 

杉本師匠が言うように、長い時間の将棋は藤井七段に有利だなぁと思ってしまう。

藤井七段も、時間がたっぷりあるので、手をたくさん読めて嬉しくて仕方ないのではとも。。。

王位戦 2日目の続きは明日は9時から

ガンバレ〜 木村王位

ガンバレ〜 藤井七段。

どちらもガンバレ〜、です。

王位戦 【第1局 2日目】開始、藤井vs木村

おはようございます。

王位戦第1局 2日目、始まりました。

また早く入室、藤井七段&木村王位

藤井七段が8時35分頃、木村王位が8時45分頃。二人とも早い入室。

袴は、二人とも昨日と同じ。

昨日のAbemaTVがすごい人

210万人以上が、AbemaTVでリアルタイムで観戦していたらしい。

すごい人数ですね。

チャペルで対局する藤井vs木村を見ていたなんて、ね〜

藤井七段の姿勢に"注目"

藤井七段の姿勢がおかしいです。

考えてるって感じがしません。

 

藤井七段の姿勢が、立ってるんです。

座布団にちょこんと座ってるような姿勢で。

 

まったりしてるようにすら、見えます。

 

朝だから眠いんじゃないかって?

いやいや、これはもう。。。

藤井七段の頭の中は、もう

ものすごーく集中して考えてる時の藤井七段は、ものすごい前傾姿勢。

体をゆらしながら考えます。

 

それに比べ、今の姿勢、座布団にちょこんと座っただけのような姿勢をとる時。

自分の負けを認める投了前の時、そして、相手の投了前の時、によく見る姿勢です。

 

なので。。。

これはもう、藤井七段の頭の中では、勝負が終わってるのでは、と予想。

予想:田中寅彦九段と加藤一二三九段

封じ手の段階での予想は、

  • 田中寅彦九段  また勝ちそうですね、強いです
  • 加藤一二三九段 木村王位がこれからどんどん厳しい手で攻めていく番なので木村有利。

だそうです。

王位戦 【第1局 2日目】10時30分頃の対局、藤井vs木村

2日目の朝。始まってから、進んだのは4手のみ。

 

その間、木村王位は防戦一方。

得意の受けでも受け切れそうにない。

 

攻撃は、というと、藤井七段への攻めの手が見つからない。

封じ手(今日の1手目)で手に入れた、藤井七段の飛車を使い道もなさそうな。。。

藤井七段が離席すると、木村王位がガックリと

対局相手が席を外した時に、棋士が見せる表情があります。

はー、とため息ついたり、いやー、とかそっかー、とか、声や態度で表情が変わります。

 

さっき藤井七段が席を外したとき。。。

木村王位が、ガクン、と下を向きました。

力無いように見えます。

 

もう盤面が、万事休す、といった感じにも見える。

自分の玉を守り、なおかつ、藤井七段の玉を攻撃する、のは難しそう?

木村王位、ガンバレ〜。

これで勝つなら。。。藤井七段、強すぎます。

まだ仮定の話ですが。

このまま、藤井七段が勝ってしまうと。。。

 

精神的にダメージが大きそう。(木村王位の)

もう勝てそうな気がしないのでは?

 

藤井七段は、棋聖戦の渡辺三冠でも(恐らく、棋士の中で最強の渡辺三冠にも)、第2局で凄みすら感じさせる、強い勝ち方をしました。

今回も、それと同じか、それ以上の強さ、です。

 

持ち時間が棋聖戦より長いのも、藤井七段には有利ですねー、きっと。(杉本師匠の言う通り)

藤井七段の直立姿勢が気になるぞ

やっぱり、藤井七段の姿勢が気になります。

直立であんまり考えてない気がするなー。

 

まだ2日目の朝、なのに。

いつも藤井七段は4時間の将棋でしたから、4時間あれば十分相手に勝つ筋を見つけるようになってる、とか。

手数はまだ57手なのに

2日目の昼前で、時間は使ってるけれど、手数はまだ57手です。

それで優劣がはっきりしてしまう将棋になってしまったなら、もうどうしたら良いのか。

藤井七段の角換わり腰掛け銀が強すぎるのか、それとも、木村王位が間違えたのか?

 

いや、まだまだ勝負はわかりません。

だって、相手はあの木村王位段ですから。

スポンサーリンク

王位戦 【第1局 2日目】昼食頃の対局、藤井vs木村

動きがありません。

封じ手から使った時間、藤井七段は

封じ手が54手目、2九角なりでしたが、そこからまだ5手進んだだけ。

  • 54手 (木村)  59分
  • 55手 (藤井)  1分
  • 56手 (木村)  22分
  • 57手 (藤井)  52分
  • 58手 (木村)  62分
  • 59手 (藤井)  1分

 

藤井七段が今日使ったのは、57手の52分の長考のみ。

あとは、1分が回。

 

58手目で木村王位が62分考えて指したのに対して、藤井七段が1分で差し返してる。

これ、木村王位からみれば、相当にイヤではないでしょうか。

もう全部藤井七段は読んでするのかって思えるから。。。

 

そしてまた60手目に木村王位が長考中です。

広瀬九段の解説によると

木村王位の受けが難しいらしい、です。

でも藤井七段が木村王位の玉を詰ましきるのも、難しいと。

 

ただ、藤井七段は詰み将棋は大得意です。

昨日の夜もたっぷり読んで考えたでしょうから。。。

いつもより離席が多い藤井七段

席を外すことが多いです、藤井七段。

いつもなら、対局相手が長く考えてる時でも、席を離れず、盤面で同じようにグーっと前傾姿勢で集中して考えてる時が多いので。

やっぱり藤井七段の頭の中では終わってる気がするんですよねぇ。。。

脇息にもたれかかり、ぐったりの木村王位

藤井七段が離席の間、木村王位が脇息にもたれかかってます。

脇息(きょうそく)とは↓こんなの。棋士の横に置いてあるもの。1ついかがですか?笑

頭を振ったり、「ハァーッ」とため息をついたり、「そっかー」とぼやいたり、悩み中の木村王位。

王位戦【第1局 2日目】昼食後の対局、藤井vs木村

広瀬九段の解説

木村王位の玉が、ほんとうに安全なのかどうかが心配。

藤井七段が、木村王位の玉を詰めきるのも難しい、のらりくらりと逃げられたらいけないので、しっかり読みきるのが大事、と。

やっぱり藤井七段は、既に読み切ってるのでは??? と思っちゃいます〜

(だって、いつもの緊張感があまり感じられなくて。。。藤井七段の表情が。)

昼食メニュー

  • 藤井聡太   冷やしきしめん御膳(キノコなし)
  • 木村一基  新城源氏和牛カレーセット(ご飯少なめ)

藤井七段のきしめん御膳、エビの天ぷらが美味しそう。キノコの天ぷらが無しって意味かな。マッシュルームだけでなくキノコ全部嫌い?

長考60分の藤井七段

昼食前から考えていた木村王位、68分考えてが指した後。。。

藤井七段が長考。

 

広瀬九段の解説

藤井七段が自分の玉の守りを強くするために、自陣に金を指すか、それとも

守りに金を使わず、攻めを続けるか、

考えるところ、と。

 

責め続けることによって、木村九段に駒を渡すことになる。

なので、もし、責め続けて詰めきれない、となると、今度は藤井七段が木村王位に責め続けられるようになってしまいます。すると藤井七段が負けてしまう、から。

 

慎重に、詰む筋を読んでいたのでしょうか。

60分の長考後、攻めた、藤井七段

やっぱり攻めを選んだ藤井七段。

読み切れたっぽい?

 

60分の長考後、ポンポン指していきます。早い〜。(木村王位も早い)

 

木村王位の玉が、あちらこちらに逃げ道を探してかわしますが。。。

なすすべがありません。

 

藤井七段はどんどん追い詰める。

決着がつきそうな予感

もう逃げ場がありません、木村王位の玉。。。

藤井七段は読み切りのようで、トントン素早く指しています。

 

まだ73手。

広瀬九段は、意外に寄せは難しい、とも。

スポンサーリンク

王位戦【第1局 2日目】15時過ぎの対局、藤井vs木村

小考27分で粘る木村王位、金を指す、木村王位。

ですが藤井七段は1分で指し返します。

 

もうずっと、すぐか1分か2分で指しています、藤井七段。

やっぱり、藤井七段の頭の中では終わってそう。。。

攻め続けてます。

残り時間

  • 藤井聡太  2時間3分
  • 木村一基  1時間2分

残り時間はまだたっぷり。

AbemaTVの評価値

  • 藤井聡太  77パーセント
  • 木村一基  23パーセント

杉本師匠の予想と感想

杉本師匠は、現在の状況を見て

「藤井が決めにかかっている。切りまくってます。どんだけ切りまくるんだというぐらい。。」

「昨日から30手以上、攻め続け、1手も守りの手がないんです。」

「木村王位ギリギリで凌いでいるが、このまま藤井が攻めきってしまうかもしれません」

 

木村王位の玉が上の方に逃げてきてることを聞かれて

「玉が単独で逃げてしのぐのも、木村王位の戦法のひとつ。木村王位は、玉の周りに駒がいなくても(守らなくても)しのげる」

「ギリギリのところで凌いで、一気に攻撃するのが木村王位」

藤井は、決まっていると思っている

そして。。。。

「藤井は、もうこれで決まってる、と思っている」

とも言ってました。

王位戦【第1局 2日目】17時前の対局、藤井vs木村

ポンポン進むかと思ったら、先ほど書いてから、まだ数手すすんだのみ。

というのも

長考中、藤井七段

あれ?  トントン指して終わりそうだったのに、なんで?

 

藤井七段が読み間違えた?

それとも、木村王位のすごい粘りの指し手が勝ったのか?

 

いやー、でも時間はあるからそんな間違いはしない、はず。と思うんだけどなー。

長考は61分、藤井七段

79手、61分の長考後も、やっぱり攻めます。

1筋から木村王位の玉の頭に歩。

 

そこからトントンと進んでます。

AbemaTVの評価値が一気に

  • 藤井聡太  95パーセント
  • 木村一基  5パーセント

ドーン、と数値が変化しました。

藤井七段の持ち駒、残り1枚。金のみ、です。

藤井七段が攻め続けて

もう逃げ場がありません、木村王位の玉。

攻撃を交わし続けましたが、もうかわしきれそうもない。。。

 

席を立った木村王位。

直立姿勢で座る藤井七段。もうほとんど考え終わってるような姿勢。

 

時間はまだまだあります。

残り時間

91手までで

  • 藤井聡太   51分
  • 木村一基   54分

藤井七段が勝利、王位戦【第1局 2日目】vs木村

勝ちました、藤井七段。

95手で、木村王位が投了。 17時37分でした。

残り時間

  • 藤井聡太  51分
  • 木村一基  30分

上に書いた91手の残り時間から、藤井七段が1分も使わず指してるのがわかります。

 

藤井七段強かった〜。

広瀬九段の感想

快勝、と言っていいんじゃないでしょうか

対局終了後の記者の質問に答える

少しだけ、記者からの質問に答える場面がありました。

速報で〜

藤井聡太

先手なら、角換わりしようと思っていた

木村一基

どこかで間違えたか? 後でみないとわかりませんが。。。

 

鋭い寄せだった、と思います。

しかし、これじゃ、というところもあって。

常に上手い手を指されたら、苦しいかなという展開でした。

 

昨年と比べて、期間が短いので。。。

早く気を取り直して準備したい、です。

記者会見で藤井聡太が答える

速報です〜。

記者会見中、すごくお疲れモードでした、藤井七段。

無事終わって(勝てて)、ホッとしたのもあるのかな?

そりゃそうか。。。

2日制の感想

普段通り寝れました。

2日制は初めてで、普段より、体力・集中力がいるのかな、と。

 

2日目午後からかなり、普段の対局より、疲労を感じるところがあったので。。。

 

対局全体に関しての感想

1日目は、予想以上に激しい展開で。

2日目は、途中、ちよっと間違えてしまって、攻めが細くなってしまった。

寄せられなければ負けてしまう展開になって、失敗してしまったかなと。。。

 

封じ手は

封じ手をすることは考えてましたか、という質問に。。。

そうですねー、と考えることなく、珍しくめちゃくちゃ早い反応で、

「いや、初めてだし、木村王位がするのを見て、勉強したいなと思っていました。」

と言って、ニコニコ答えてました。

 

ふーむ、封じ手、どうしてもしたくなかった模様、です。笑

それで、封じ手の時間直前にもかかわらず、指したんですね。

和服は

棋聖戦が決まってから仕立てたもの

8時間制の感想を聞かれて

8時間は、深く読むことができたが、一方で、形勢判断のバランスを欠いてしまったので。。。

王位戦 第2局の対局予定日は【藤井聡太vs木村一基】

7月13日月曜日、7月14日火曜日、の2日間です。

今度は木村王位が先手番。

広瀬九段の戦型予想は相掛かり、だそうですよ

 

楽しみ〜。

 

藤井七段はその前に橋本八段との順位戦、渡辺三冠との棋聖戦もあります。

 

ガンバレ〜、木村王位。ガンバレ〜、藤井七段。

どちらもガンバレ〜

終局後のいろんな棋士の感想まとめ

**追記です (対局中の感想と重複もあるかも)

杉本師匠

藤井七段が指したのは、全部攻めの手なんですね。

守りの手を、1手も指していないんです。

(28手連続で攻めの手。)

 

藤井は、2つあれば、必ずリスクが高い方わ好む。(←この性質を渡辺三冠に読まれて、第3局は導かれて読まれて負けた、のか)

広瀬九段

綱渡りの攻めで、1度間違えると逆転してしまう

山口女流

79手目の、60分考えて指した、1五歩がすごい手だった。

木村王位の指した、3一桂もすごい手で、もし藤井七段がと金で取ると負けてました。

 

木村拓哉と同じ年、47歳の木村王位

え? と思って調べてみました。

  • 木村一基  1973年6月23日生まれ
  • 木村拓哉  1972年11月13日生まれ

どちらも今47歳です。

というか、学年で言うと、1年下でした。。。

 

スポンサーリンク
オススメ記事