Pick Up!
王将戦予選 藤井聡太の勝利 2019年初めての先手でvs池永天志
スポンサーリンク

第69期 大阪王将戦 一次予選

19年2月12日

持ち時間 3時間

 

池永四段は、去年4月にプロ入りされた方で、天志ってどう読むのだろうと思ったら、たかしだそう。

王将戦は、将棋プレミアムのみの生放送ですので、AbemaTVやニコニコ生放送では見れません。残念。

データ

池永天志四段とは

年齢 25歳 (藤井七段とは9歳差)

前期の、杉本師匠vs藤井七段の指定対決で、記録係をしていたのが、池谷四段(プロ入り前の)だったそうです。

2年前の詰め将棋選手権で、藤井七段と1点差で2位、終盤も強く、藤井七段にとって、手強そうな相手です。

今年度成績

藤井聡太 0.841

池永天志 0.567

池永四段とは、初めての対局

スポンサーリンク

対局の様子

振り駒

藤井七段、珍しく先手です。2019年になって初めての、振り駒で先手!

 

昼食後まで

63手まで  消費時間が大きく違ってます。

藤井七段 1時間27分

池永四段 13分

持ち時間が3時間なので、1時間の差は大きい気がするのですが、大丈夫でしょうか?

18時ごろまで、対局の様子

100手の解説で、後手(池永四段)よしの声が多くなってきた、とあります。残り時間はね4分差と、ほぼ変わらない状況になってきたのでホッとしてたのですが。。。

122手で、先に池永四段が1分将棋に。藤井七段の玉がひとりぼっち(周りに駒がいなくて)

125手、藤井七段も1分将棋に。

131手、「8七金と貼って、後手(池永四段)勝ち、と言われてる、」と解説が。しかし。。。

132 手、池永四段が8七金でなく、8六飛 と打ち、(解説では悲鳴が上がった、と)

 

池永四段、間違えた? と思ったけど、そうでもないらしくて「後手がギリギリ余している」と。

ふえー、150手過ぎちゃったよ〜、どうなるの??と思ったら、あら? 投了してる。

藤井七段の勝利

153手で、池永四段が投了。

時間差もかなりあったし、(池永四段より時間をたくさん使ってしまって)、なかなか攻められず、藤井七段が後手みたいでした。

前回の順位戦( vs近藤五段 )の負けのショックも、影響しているのかな?って考えちゃいましたが。

 

何はともあれ、勝って良かった。

この次の王将戦予選は、森内九段vs田中虎彦九段の勝者との対戦。

 

2月16日の土曜日には、藤井七段は朝日杯の準決勝もありますから、楽しみですね!

スポンサーリンク
オススメ記事